左:大阪杯出馬表   右:大阪杯過去5年
大阪杯携帯用出馬表  大阪杯携帯用過去5年


【大阪杯】の傾向
マンハッタンカフェ産駒(サンデーサイレンス系)が連勝中。

☆スタミナ型(万能型)血統×パワー型血統×ノーザンダンサー系(大系統)が基本。
ノーザンダンサーのクロスを持つ馬も良い。

☆パワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)を持つ小回りコースでキレるタイプがいればその馬が有力。
そういう馬が不在だったり、何かしらの不安材料がある場合は、スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)のしぶといタイプの出番。

【阪神芝2000m】の傾向
大阪杯参考

☆土曜日のレースでは父マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)×母父メジロマックイーン(パーソロン系)という配合馬が1・3着だった。

ロベルト系もよく走っている。

【大阪杯の予想印】
人気ブログランキング人気ブログランキングへ
○オルフェーヴル
▲エイシンフラッシュ
△ダークシャドウ

にほんブログ村 トラコミュ 第57回 産経大阪杯(GII)へ
第57回 産経大阪杯(GII)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

         元JRA関係者が買う1点勝負馬券特別無料配信

        産経大阪杯の1点勝負馬券を今すぐ無料で確認する

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

昨年の春緒戦、阪神大賞典の前までは、オルフェーヴルを“絶対王者”と見なしていた人間が大半。しかし、まさかの逸走で獲りこぼし、春の天皇賞では大敗。その後、宝塚記念とフォワ賞は勝利したが、オルフェーヴルが昨年あげた勝利はこの2つだけ。ジャパンCではジェンティルドンナの後塵を拝すことになった。

世界トップレベルの実力馬であることは誰しもが認めるところだが、オルフェーヴルが“絶対”の存在でなくなったことは確かなのだ。

今年の始動戦に選んだ大阪杯、オルフェーヴル参戦と聞いても臆せずぶつけてくる陣営は多数。その中には、昨年万馬券的中の立役者となったショウナンマイティ(6番人気)のような存在がいるとの話が!?

今年も妙味十分の大阪杯。当社の情報を見てから馬券を買っても遅くはないはずだ!

産経大阪杯の1点勝負は3/31(日)14時頃に無料メール配信
     →→産経大阪杯の1点勝負馬券を今すぐ無料で確認する←←
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

シンクタンク:大阪杯200-200