にほんブログ村トラコミュ
有馬記念2013
有馬記念 データ分析
必勝!!有馬記念

【有馬記念の傾向】

左:有馬記念2013登録馬   右:有馬記念過去5年
有馬記念携帯用出走予定馬    有馬記念携帯用過去5年

★ぱっと見で合いそうな馬は⇒人気ブログランキングへ

父サンデーサイレンス系が9連勝中。
特にノーザンテーストボールドルーラーなど、スピードの持続力がある血統を併せ持つ馬が良い。

ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)が過去5年で3勝、昨年はワンツーを決めるなど大活躍。
ステイゴールドノーザンテーストの血を持っている。

☆スピードとパワーがあり、それなりにスタミナもあるということでキングマンボ系(ミスプロ系)もよく走っている。

トニービン(グレイソヴリン系)やスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)などのスタミナ的な持続力タイプの差し・追い込み馬にも注意したい。

人気ブログランキング【有馬記念】の血統プライマル
(過去3年の1〜3着馬9頭が対象)


☆タイプ:スタミナ型(万能型)9/9、パワー型9/9
☆スピード系統:9/9
☆系統:サンデーサイレンス系7/9
☆注目血統:ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)ノーザンテースト系ボールドルーラーキングマンボ系(ミスプロ系)

ここまでの秋のG1レースも絶好調!
オペレーターの9割が女性という点も好評の
『LINE投資サポート』

今週はいよいよ有馬記念!
大サービスで特別に有馬記念のデータと見解を公開してもOKとのことですので
ぜひ参考にしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高い支持を集めた馬が優勢だが・・・
過去10年の有馬記念では、単勝1番人気馬が〔6・3・0・1〕と連対率9割。
4着以下に敗れたのは2007年のメイショウサムソン(8着)だけ。
単勝オッズ別の成績をみても「2.9倍以下」の支持を集めた馬の信頼度はとても高いでしょう。
その反面、3着馬のうち8頭が、「15倍以上」のエリアから出ていることには注目が必要です。

3歳馬と4歳馬が優勢!
過去10年の有馬記念の優勝馬10頭中9頭は、3歳か4歳の若い馬。
5歳以上で勝利したのは2009年のドリームジャーニー(5歳)、2着馬についても5歳以上だったのは2006年のポップロック(5歳)だけとなっています。
また、第1回からチェックすると、6歳以上で勝利したのは1969年と1970年を連覇したスピードシンボリ(6歳、7歳時)、1979年のグリーングラス(6歳)、1991年に14番人気で優勝したダイユウサク(6歳)の延べ4頭しかいません。

好相性の臨戦過程は3つに集中
前走のレース別に成績をまとめてみると、優勝馬は前走で「ジャパンカップ」「天皇賞(秋)」「菊花賞」の3レースに出走していた馬からしか送り出されていません。2〜3着馬は「エリザベス女王杯」や「海外のレース」などからも出ているが、前走でGI(海外のG1を含む)以外に出走していた馬で3着以内に入ったのは、2010年3着のトゥザグローリー(前走中日新聞杯)と、2012年2着のオーシャンブルー(前走金鯱賞)の2頭だけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうでしょうか!この緻密なデータと分析は!?
しかもこれはごく一部!
これらのデータと、LINEだけが入手できる特別情報をあわせた予想は12月22日(日)12時より公開開始!

登録の締め切りは12月22日(日)となっています。
この日は有馬記念の当日なのですが、定数に達し次第募集は終了するとのことです。
有馬記念は最も注目を集めるレースですから、週末を待たずに締め切ってしまうかもしれません。
↓↓↓お早めの登録をお願いいたします。↓↓↓
LINE投資サポート無料登録はこちらから
LINEビギナー