フィリーズレビュー2014出走予定馬フィリーズレビュー2014阪神芝1400mのプレ予想です。
【にほんブログ村トラコミュ】
報知杯フィリーズレビュー2014
中山牝馬ステークス2014
中日新聞杯2014

※土曜日の本予想では違う結論になる可能性もありますm(_ _)m

☆昨年こそスタミナの持続力に優れた馬が上位に来たが、基本的にはスピードの持続力タイプが中心になるレース。
どちらにしても瞬発力が重要なレースにはあまりならない。

ボールドルーラーダンチヒノーザンテーストなどスピードの持続力に優れた血統が活躍。

ファルブラヴ産駒(ノーザンダンサー系)が活躍。
ファルブラヴの母父はボールドルーラー系

☆1400mへ対応するためのスピードもパワーもあることから、芝も走れるタイプのミスプロ系も良い。

人気ブログランキング◎候補筆頭はヨハネスブルグ産駒(ストームバード系)の⇒人気ブログランキングへ
高い能力を持つパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)の馬ですから、ここが向かないということはないと思います。
前走で1600mを使っていた馬が強いレースでもありますし、この馬自身も外回りの1600mから内回りの1400mになるのはプラスでしょう。
1つだけ不安があるとすれば、ちょっと馬体重が軽いかなということですね。

ベルカントの方は馬体重にも問題はないですね。
母父も好走血統のボールドルーラー系ですし。
どちらが人気になるかわかりませんが、様子を見つつこちらの評価を上げるかもしれません。

あとはエスメラルディーナも良いでしょうね。
スピードレースを経験していないのは心配ですが、血統的にはそういうレースの方が向いているわけですから、もっと良いレースができる可能性もありますし。

スタミナを活かして差して来そうなタイプだと、父シンボリクリスエス(ロベルト系)×母父トニービン(グレイソヴリン系)のアンジェリック、同産駒のルミナスパレード、母父ダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)のレムミラスあたりでしょうか。

人気ブログランキングへ
○ベルカント
▲アンジェリック
△エスメラルディーナ・ルミナスパレード・レムミラス

にほんブログ村 トラコミュ フィリーズレビュー(2014)へ
フィリーズレビュー(2014)

━━━━━━━━━━━━━━━━━
   第48回フィリーズR(G2)

  ここで権利を獲れば、恐らく
    桜花賞でも人気に…
   →1点馬券を無料配信

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の阪神ジュベナイルFでは◎ハープスター−○レッドリヴェールでズバリ1240円の的中をお届けしているのが最強の関西馬専門情報。さらに今年に入っても、フェアリーSでは2万2500円、クイーンCでは4270円の的中をお届けするなど牝馬重賞では高い情報精度を誇ります。しかも、昨年度の3歳牝馬クラシックは3戦2勝(桜花賞3300円、秋華賞950円)と3歳牝馬重賞は“関西馬情報だけで獲れる”と言っても過言はありません。

そもそも最強の関西馬専門情報には、松永幹夫とのコンビで1991年のオークスを制したイソノルーブルを育て上げた元JRA調教師・清水久雄、そして武豊とのコンビで1998年の桜花賞を制したファレノプシスをターフに送り込んだ元JRA調教師・浜田光正という“牝馬のスペシャリスト”が存在します。

体調管理が非常に難しいと言われている牝馬、特に春先の仕上げ(フケや歯代わり)に関しては現役関係者でも悩みどころで、“牝馬クラシックの勝ち方”を知る先人の技術を求める現役関係者が、この時期は特に後を絶ちません。当社が牝馬重賞を、そして牝馬クラシックで高い情報精度を誇るのには、“牝馬のスペシャリスト”の2大巨頭が存在するからこそ!!

今年のフィリーズRでは『ここで権利を獲れば、恐らく桜花賞でも人気に…。馬券的に最も妙味があるのは今回』とまで言われている関西馬の情報が入っております。しかも『馬券はこの馬から相手はアノ関西馬。この1点で鉄板』というのが、“牝馬のスペシャリスト”の最終結論。

無料で知って損はなし!想定回収は軽く1000%超!!“牝馬のスペシャリスト”だからこそ導き出せる【フィリーズR1点勝負馬券】を特別にご提供致します。

  ↓↓↓↓↓
  ↓↓↓↓↓

第48回フィリーズR(G2)

ここで権利を獲れば、恐らく
桜花賞でも人気に…
1点馬券を無料配信

チェックメイト:フィリーズR300-250