京成杯2015予想参考京成杯2015が行われる中山芝2000mの1〜3着馬の血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
中山芝2000mの傾向を分析することで京成杯の注目馬を探します。
★関連記事:京成杯出走予定馬の血統 携帯用 プレ予想
血統色分け表:京成杯2015登録馬(表)

キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)が4勝。
今開催で3勝をあげている。

ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)サドラーズウェルズ系が活躍。
ノーザンダンサー系(大系統)は父・母父ともによく走っている。

サンデーサイレンス系ではハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が3勝2着3回3着1回と好調。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)も1着はないが2着4回3着6回と馬券圏内にはよく来ている。

バゴ産駒(ブラッシンググルーム系)などのスタミナ型ナスルーラ系(大系統)にも要注目。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ 京成杯2015へ
京成杯2015

━━━━━━━━━━━━━━━━━
  昨年◎キングスオブザサンから
    馬連2040円的中

   <第55回 京成杯(G3)>

   大人のお年玉“第3弾”
   最終ジャッジを無料配信

  →馬連3点勝負はコチラ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週のシンザン記念同様、今春のクラシック戦線に向けた重要な一戦となるこのレース。今年の3歳世代の牡馬は朝日杯FSを完勝して最優秀2歳牡馬に選出されたダノンプラチナが一歩抜け出した格好だが、トレセン内からは『皐月賞・ダービー・菊花賞とも違う馬が勝った昨年以上に混戦。素質馬がまだゴロゴロいる』との声が聞こえてきている。

ココに使ってくる陣営の思惑は大きく分けて2つあり、1つ目がクラシック第1弾の皐月賞に向けて中山コースを経験させておきたいという狙いの陣営。もう1つが東西のエース候補が本格始動する前に賞金を加算しておきたいという狙いがある陣営。

2年連続的中の掛かる今年当社の元には、間違いなく印を集めるだろうが、実は距離適正・コース適正を確かめる為に使ってきている危険な人気馬。オーナーサイドから『クラシックに向けて何が何でも賞金を加算しろ』と言われている勝負馬などなど、一般スポーツ紙・専門紙ではまず入手不可能な極秘スクープが続々と入っている。

今回、無料登録された会員様には、創業当初から18年の長きに渡って徹底現場主義を貫いている競馬当社だからこそ入手できた門外不出の関係者情報でビックなお年玉をお届けするのでくれぐれも見逃さないで頂きたい!

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   <第55回 京成杯(G3)>

   大人のお年玉“第3弾”
   最終ジャッジを無料配信

  →馬連3点勝負はコチラ