新潟大賞典2015予想5月10日(日)に行われる新潟大賞典2015の予想です。
新潟大賞典の出走馬と過去5年の1〜3着馬の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
【新潟大賞典】過去5年の傾向(出馬表から):☆1分56秒台の高速決着だった2013年はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が1・3着。そして母父ネイティヴダンサー系(大系統)が1〜6着を占めた。
☆それよりタイムが遅かった他の年はグレイソヴリン系ロベルト系、スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)などのスタミナ的な持続力に優れた血統が活躍している。
☆1分57秒7だった2010年は、これらのスタミナ的な血統も走っていたが、スピードのあるフジキセキ(サンデーサイレンス系)の血を持つ馬も好走しており、この辺のタイムが境目になるのかも。

新潟芝外回りコースの傾向(表):☆土曜日のレースではニジンスキー系グレイソヴリン系の血を持つ馬が活躍。


新ブログ『競馬予想データフェスティバル』始めました。
過去データ・種牡馬データ・追い切りデータ・騎手データと
各データを扱っていますので、ぜひご覧くださいm(_ _)m


◎は父タニノギムレット(ロベルト系)×母父トニービン(グレイソヴリン系)のハギノハイブリッド。
タニノギムレット産駒はセイクリッドバレーが2年連続で好走。
ロベルト系自体もこのレースで毎年のように馬券圏内に来ている系統。
母父のトニービンは持続力に優れた血統で、新潟では頼りになります。
昨年はこの2つの血統を持つユールシンギングが勝利。
ハギノハイブリッド自身も持続力タイプですし、新潟は合うはず。
人気ブログランキングへ

○ヒットザターゲット。
2012年の勝ち馬。
近走は小回りコースに急坂コースと、この馬の適性外。
直線長く平坦の新潟替わりで巻き返しの可能性あり。

▲デウスウルト。
充実期でしっかり伸びてくると思います。

△アルフレード。
父ロベルト系
前走の競馬はここでも通用するはず。

△アーデント。
△マイネルディーン。
どちらも母父グレイソヴリン系

△アズマシャトル。
能力は高く持続力レースは得意。
もっとタフなコースの方が良いと思うので、新潟に対応できるか。

△マテンロウボス。
新潟で長く良い脚を使うイメージの血統ではないが、能力は高く、馬群で上手く脚を溜めることが出来れば。


【予想印】
◎ハギノハイブリッド
○ヒットザターゲット
▲デウスウルト
△アルフレード・アーデント・マイネルディーン・アズマシャトル・マテンロウボス


━━━━━━━━━━━━━━━━━

第20回 NHKマイルC(G1)

 「メンバーが一枚落ちのココなら
 まず勝ち負け」某陣営の勝負情報
 を独占入手!

→3点勝負を無料で教えます←

━━━━━━━━━━━━━━━━━

トレセン内でも荒れるGIとして知られているNHKマイルC。しかし、このレースが荒れる傾向にあるのは明確な理由がある。

それは東京左回りの“1600mが適条件=目イチ”の陣営と“ダービーのステップレース”との見方をしている陣営がいるからこそ。特に今年は、皐月賞の結果を受け、「ドゥラメンテ・リアルスティールの2頭にはかなわない」などの声が上がってきており、例年以上に路線変更してくる陣営が増えそうな状況下でもある。

現に厩舎番がいる当社の元には、某陣営から「ウチはNHKマイルCが大目標」「皐月賞と比較してメンバーが一枚落ちのココならまず勝ち負け」などなど、専門紙・一般スポーツにはまず掲載される事はまずないであろう有力情報が続々と入ってきている。

さらにオフレコ扱いの話だけに馬名を明かす事はできませんが「オーナーは次走はダービーを希望してるみたいだけど、理由を説明してNHKマイルC→安田記念のローテに変更してもらう」と徹底的にマイルに拘っている“隠し玉”を既に入手済み!

実際、この馬が馬券に絡めば、昨年の暮れに1万4050円の馬連万券をお届けした朝日杯FSに匹敵する高配当となる事は必至の状況下。

今回、無料登録された会員様様には、情報は勿論、レース当日の天候・馬場状態を考慮した【馬連3点馬券】を無料配信致します。たった90秒弱で一獲千金も十分可能なNHKマイルC【馬連3点馬券】を見逃せるはずがない!

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第20回 NHKマイルC(G1)

 「メンバーが一枚落ちのココなら
 まず勝ち負け」某陣営の勝負情報
 を独占入手!

→3点勝負を無料で教えます←

七騎の会NHKマイルC