函館記念2015予想7月19日(日)に行われる函館記念2015の予想です。
函館記念の出走馬と過去5年の1〜3着馬の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
【函館記念】過去5年の傾向(出馬表から):☆持続レースになりやすく、スタミナ型サンデーサイレンス系マヤノトップガン産駒(ロベルト系)、スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)やスタミナ型ナスルーラ系(大系統)を持つ馬が中心。
☆特にニジンスキー系リファール系を持つ馬には要注目。
マヤノトップガン産駒(ロベルト系)は人気薄で激走している特注血統。
☆穴ならリボー系や菊花賞血統が面白そう。

函館芝2000mの傾向(表):☆ノーザンダンサー系(大系統)が好調。特にダンチヒ系サドラーズウェルズ系ヴァイスリージェント系などがよく走っている。
サンデーサイレンス系ハーツクライ(サンデーサイレンス系)リンカーン(サンデーサイレンス系)サムライハート(サンデーサイレンス系)タヤスツヨシ(サンデーサイレンス系)など、自身の母父がグレイソヴリン系という種牡馬が良さそうな印象。


新ブログ『競馬予想データフェスティバル』始めました。
過去データ・種牡馬データ・追い切りデータ・騎手データと
各データを扱っていますので、ぜひご覧くださいm(_ _)m


◎はタフな中距離レースに強いデウスウルト。
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)のコース成績は勝率こそ普通の数字だが、連対率・複勝率・単勝回収率・複勝回収率は優秀。
母母父がスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)アンバーシャダイ(ノーザンテースト系)というのも良い。
タフなレースになったチャレンジカップではタイム差なしの2着、やはりタフな部類に入る中京の中日新聞杯も2着で、こういうカテゴリのレースではしっかり走れる馬。
2走前は良い手応えだったものの直線入り口で前が詰まりアウト→前走は適性外の瞬発力レースで大敗→今回のレースは前走とは逆の適性が要求され、この馬の得意分野になる可能性大ですから、チャンスはあると思います。

○ラブイズブーシェ。
父・母父ともに菊花賞血統で、スタミナ的な持続力レースが得意な馬。
適性は抜群なので昨年も評価したいのですが、やはり近走の走りは気になるところ。
それでも函館記念はエリモハリアーが3連覇したように、やはり特殊な適性が問われるレースなので、目を覚ますということもあるかも。

▲ヤマカツエース。
こちらもキングカメハメハ産駒
正直、距離に関してはやってみないとわからないところがありますが、持続力レースが得意な馬。
前走は東京の瞬発力レースという苦手なレースで大敗→今回は持続力レース濃厚。
あとはやはり距離だけですが、狙う価値はあると思います。

△ダービーフィズ。
△エアソミュール。
ダービーフィズは母がマンハッタンカフェの全妹。
エアソミュールは中距離重賞での安定感が魅力。
どちらも最後に踏ん張りが利かないのでここはベストの条件はありませんが、鞍上が何とかもたせてしまう可能性も。

△アーデント。
馬の気分にあわせて持続力を活かす競馬が良いのでしょうが、これがなかなか難しく、ここ3走はそれが出来ず。
今回はその辺の微妙なところをしっかりつかんでいる武豊騎手なので、ちょっと面白いと思います。

△マイネルミラノ。
悪くはないが、前走以上はさすがにないか。

△ヴァーゲンザイル。
ワンペースも、長く良い脚を使える馬。
函館は合っているかも。


【予想印】
◎デウスウルト
○ラブイズブーシェ
▲ヤマカツエース
△ダービーフィズ・エアソミュール・アーデント・マイネルミラノ・ヴァーゲンザイル