根岸ステークス2019の1〜5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
根岸ステークス2019結果
根岸Sの予想はこちらでした。
(ワイド・3連複的中)


コパノキッキングの末脚は1400mでも衰えることがなかったですね。
母系の血統が1400mで差してくるようなタイプなのでこなせるかなとは思いましたが、ここまで維持できるとは思いませんでした。

少し縦長になったので他の差し追い込み馬は厳しく、ユラノトやクインズサターンは勝負圏内にいたことと距離ロスを抑えられたことが大きかったと思います。



シルクロードステークス2019の1〜5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
シルクロードステークス2019結果

2019年1月27日京都11R

シルクロードSの予想はこちらでした。
(単勝・ワイド的中)

差し馬に有利な馬場だったことは確かですが、2番手以降の集団が固まり気味だったことと、アレスバローズが早め前を飲み込んだことでさらに差し有利の展開が重なりましたね。

勝ったダノンスマッシュは内を進んで、4コーナー辺りから進路確保に苦労していたのですが、直線では腹を括ってインを突かずに外目に持ち出すと一気の伸び。
この路線の主役になりましたね。

◎ラインスピリットはもう少しセイウンコウセイに近い位置で競馬をしても良かったかもしれません。


先週は予告の5倍額レース的中となり、2戦2勝で83万円獲得成功!
今週は土曜日、日曜日に「強力情報馬」が出走となるため、3〜5倍額勝負レース2鞍の提供週となります。
和入り引きキーワード「1502」と記載したメールを送っていただいた方には情報料金から2万円引きでの登録とさせていただきます。




愛知杯2019の1〜5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
愛知杯2019結果

愛知杯の予想はこちらでした。
(ワイド・3連複的中)

前半の4ハロン目まではスロー。
後半5ハロンはすべて11秒台、ラスト2ハロンは11.2-11.3ですから位置取りが重要なレースだったと思います。

ランドネはパワーと持続力のある血統ですが、そこまでスピード寄りではないですから、ぜんはんをゆったりと入って後半5ハロンの持続力レースに持ち込めたことは良かったですね。
ただ、これを交わすことが出来たワンブレスアウェイとノームコアがすごすぎました。

ワンブレスアウェイはスタートいまいちもすぐに立て直して、あとは仕掛けのタイミング、コース取りともに完璧。
流れに乗りながらしっかり脚を使えるというこの馬の持ち味を出し切りましたね。お見事。

ノームコアはスタートでのロスが痛かった。
それであそこまで伸びてくるというのはさすがです。

ウラヌスチャームは結果的には仕掛けが遅かったということになりますが、手応えが良くてもっと弾けるというイメージがあったのかもしれません。
ただ、前の馬の脚もまったく衰えなかったというのが誤算でしょうか。



J.H.Aは降格制度があるので馬券師は毎回必死!つまり本気の予想をしています。
今週の『きさらぎ賞(G3)』でJ.H.Aの実力を無料で試すことができます!


J.H.Aとは

JAPAN
HORSEMAN
ALLSTARS

の略。

つまり、J.H.Aには日本最高クラスの馬券師たちが揃っているということ。

ほとんどの馬券師は、J.H.A代表がスカウトした精鋭揃い。

何よりもお客様にプラス収支をご提供する事を至上命題と考えておりますので、
経験より実力を重視して選ばれた馬券師たちとなっています。

J.H.Aの正式な馬券師に昇格するためには、
およそ二か月の試験期間内で、一定の成績を収める必要があります。

その試験をクリアした実力者だけが
今のJ.H.Aで予想を提供しているのです。

情報をご提供させて頂く以上、コースの得手不得手、調子の良し悪しは考慮できません。
昇格後も成績次第では、J.H.Aから除名するという
馬券師にとっては毎週、毎レースが試験の真剣勝負となっています。

本物の馬券師の本気を体験してみませんか!?

何はともあれ、論より証拠。
J.H.Aの実力を試していただきたく、
今週の重賞レース『きさらぎ賞』の予想を無料で提供させていただきます。
 ↓  ↓  ↓  ↓
JHAきさらぎ賞


『きさらぎ賞』
サトノダイヤモンドやルージュバックを輩出している
クラシックへ向けて注目のレース。
ただ、ここ2年は3連単万馬券が続いているように馬券的にも面白さのあるレースです。

J.H.Aの馬券師たちのジャッジには注目ですが
精鋭揃いの馬券師達の中でも重賞レース頼りになるのが、
Gマイスター氏

Gマイスター氏は今年最初の重賞レース中山金杯で865,480円を獲得!!
そして先週も根岸Sで113,580円を獲得!!
JHA根岸S的中
(ちなみにフェアリーSでも383,180円の払い戻しをしています。)

その他にもJ.H.Aには押山氏や征二郎氏といった実力のある馬券師が揃っていますが、
先週は無料予想で愛知杯の3連複を的中させたことが凄かったですね。
JHA愛知杯的中


ここで注目してもらいたいのは
Gマイスター氏、押山氏、征二郎氏みんなが
3連単なのに買い目がとても少ないということ!

ここまで買い目を絞れるということは実力と自信があるからですし、
参考にする方も助かりますよね!


つまりJ.H.Aには本物の馬券師が揃っているということです。

東京開催も始まり、
クラシックの足音も聞こえてくるような
競馬ファンとしては本当に楽しみな競馬シーズン!

ただ、J.H.Aの馬券師達は降格制度があるので、どのレースも必死で真剣勝負です。
今回の指定レース日経新春杯で結果を出せなければ
新年早々降格のピンチになってしまいます。

これは馬券師達にとっては大きな痛手ですから、
必ず当てようと本気の予想をしてくるのです。

しかも今残っているのは昨年10月〜12月のG1シーズンで好成績を残し、契約延長を勝ち取った馬券師達。

つまり、本当に実力のある馬券師達による本気の予想が見られるということです。


『きさらぎ賞』はクラシックへ向けてはもちろん、馬券的にも注目のレース。
つまりこのレースを当てることが馬券師自身の実力を証明することになるのです!
馬券師たちのこのレースへの本気度、そして意気込みは。。。わかりますよね!?
⇒こちらからJHAの本気の予想を体験してください。
JHAきさらぎ賞