2月27日(水)に行われるエンプレス杯2019の予想です。
エンプレス杯2019予想
エンプレス杯の過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。
【エンプレス杯2019】出走表はこちらです。

★エンプレス杯の過去3年の傾向

☆2100mという距離なのでパワーがあって道中の溜めも利くパワー型サンデーサイレンス系が中心となっています。


ヴァイスリージェント系ストームバード系といったパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)の活躍が目立っています。


☆こういったパワースピード型血統と溜めの利く血統をあわせ持つ馬が良さそうですね。


ツイッターではブログの更新情報や開催当日の狙い馬などを配信。
LINEでもブログの更新通知を受け取ることが出来ます。



先週の穴馬出走週は4戦2勝で52万円獲得!
今週は5万円開始のコロガシ勝負週となります。
割り引きキーワード「6321」と記載したメールを送っていただいた方には情報料金から1万円引きの価格で登録させていただきます。




◎はヴァーミリアン産駒(ミスプロ系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
ヴァーミリアン(ミスプロ系)自身が川崎D2100mで2戦2勝。
前走のTCK女王盃は馬場も味方に着差がつきすぎた印象もありますが、この馬がこの路線でトップクラスの強さにあることは間違いなく、今回も中心になると思います。


○クロスウィンド
こちらもヴァーミリアン産駒(ミスプロ系)
2走前に同じコースで行われたロジータ記念を完勝。
中央勢の信頼度がそれほど高くないメンバーなので、こういうタイプには注意したいですね。


▲アルティマウェポン
ヨハネスブルグ産駒(ストームバード系)
TCK女王盃は内を上手く立ち回って4着。
上位からは離されたもののラビットランと同じくらいの脚色を持続出来ていましたし、展開次第では好走のチャンスはあると思います。


△サルサディオーネ
ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)
前走の川崎記念よりは相手は楽になりますし、今回は逃げ馬にプレッシャーをかける立場で進めることも出来る。


△ミッシングリンク
ヴィクトワールピサ産駒(サンデーサイレンス系)
久々とこの距離で完璧な走りは望めないかもしれなせんが、この枠なら立ち回りで対応も可能。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○クロスウィンド
▲アルティマウェポン
△サルサディオーネ
△ミッシングリンク

南関競馬の勝負レース予想は『競馬最強の法則WEB』で配信しております。
血統フェスティバル最強の法則
(2月22日船橋11R3連単247.9倍的中!
2月13日浦和11R3連複360.2倍的中!
2月11日浦和10R単勝16.9倍的中!
1月17日船橋11R3連単117.6倍的中!
1月10日浦和11R12番人気本命馬から3連単290.9倍的中!
1月2日川崎11R3連単200.4倍的中!)