ジャパンカップ2017出馬表11月26日(日)に行われるジャパンカップ2017の枠順が確定しました。

キタサンブラックは2枠4番
レイデオロは1枠2番
サトノクラウンは6枠12番
ソウルスターリングは4枠8番


1枠1番 シュヴァルグラン
1枠2番 レイデオロ
2枠3番 ギニョール
2枠4番 キタサンブラック
3枠5番 サウンズオブアース
3枠6番 イキートス
4枠7番 ディサイファ
4枠8番 ソウルスターリング
5枠9番 レインボーライン
5枠10番 ブームタイム
6枠11番 マカヒキ
6枠12番 サトノクラウン
7枠13番 シャケトラ
7枠14番 アイダホ
8枠15番 ワンアンドオンリー
8枠16番 ヤマカツエース
8枠17番 ラストインパクト


2014年ジャスタウェイ2着
2015年ラブリーデイ3着
2016年キタサンブラック1着
と、3年連続で好走中の1枠1番にはシュヴァルグランが入りました。

連覇を狙うキタサンブラックは、今年は2枠4番。
これも悪くない枠だと思います。


□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第37回 ジャパンカップ(G1)

  <<先着100名様限定!>>
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

キタサンブラック、サトノクラウンなど秋の天皇賞好走馬の大半が参戦。
そこに神戸新聞杯を制して順調なスタートを切った今年のダービー馬・レイデオロや、GI常連のシュヴァルグランが加わり、外国馬も4頭参戦と、国内における1着賞金最高額のレースにふさわしいメンバーが揃った。

やはり、中心視されるのは王道路線の天皇賞(秋)組だろう。
歴史的な不良馬場の中で行われたレースをキタサンブラックが制し、見事宝塚記念の雪辱を期すことになったが、問題は、あの不良馬場を走った後のダメージがどれだけあるか。
キタサンブラックに限った話ではなく、どの陣営も表向きには「ダメージはいくらかあったが、今は疲れも取れた」と話すばかりだが、
実はある有力馬の関係者によると「ああは言ってるけど、本当に疲れが抜け切っているわけじゃない」との話も入手している。

また、今年は世界的名門厩舎であるエイダン・オブライエン厩舎からアイダホが参戦。
注目は馬自身以上に、厩舎と専属騎乗契約を結んでいるムーアの動向だろう。
当初はサトノクラウンに乗る予定になっていたが、特別登録段階ではどちらも鞍上未定、しかもミルコ・デムーロが乗る予定だったシュヴァルグランも未定になり「あのグループが水面下で色々と動いているはず」とは某関係者の談。
このように、やはり、高額賞金が懸かり、注目が集まるGIの舞台では本音が表には出てこないのだ。

しかし、シンクタンクには元騎手・元調教師といった競馬界の大物OBや、現役関係者が情報ルートとして多数在籍。
一般では決して入手することができないレベルの裏ネタが続々と入ってくる。
だからこそ、普通ではとても買えないような馬を厚く狙うことが出来る。
それが“情報競馬”なのだ。

そこで、今週は本当に特別も特別、ジャパンカップの3連単馬券を無料公開させていただく。
ただし、まだ当社の情報を聞いたことがない方に限った話であることはご容赦願いたい。
その資格がある方は、是非ともこのビッグチャンスをお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  第37回 ジャパンカップ(G1)

  <<先着100名様限定!>>
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック!

シンクタンクジャパンカップ