11月25日(日)に行われるジャパンカップ2018の予想です。
ジャパンカップ2018予想
ジャパンCの出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【ジャパンC】過去5年の傾向

☆スタミナはもちろん後半のスピードにも対応出来る総合力の高さが必要なレースです。


☆近年はサンデーサイレンス系×ミスプロ系配合馬がよく走っています。
※今年の出走馬ではアーモンドアイ・キセキ・シュヴァルグラン・スワーヴリチャードが該当します。


ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)では前走で上がり上位の脚を使っていた馬に注目。
昨年は馬券圏内に来ることは出来ませんでしたが、前走上がり2位だったマカヒキが6番人気ながら4着に健闘していました。
今年出走するディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)のサトノダイヤモンドは前走上がり1位の脚を使っています。


ダンチヒ系ヴァイスリージェント系ノーザンテーストヌレイエフなどスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬にも注目です。


★東京芝2400mの傾向
ジャパンカップ2018予想参考東京芝2400m

ロベルト系が好調で父と母父を合わせると6レース中5レースで馬券圏内に来ており要注目です。
※ジャパンカップの出走馬ではノーブルマーズの母父がロベルト系です。


ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統も好調で、こちらは6レース中4レースで馬券圏内に来ています。
※ジャパンカップの出走馬ではガンコがステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統です。


ルーラーシップ産駒(ミスプロ系)も2勝と良いですね。
※ジャパンカップの出走馬ではキセキがルーラーシップ産駒(ミスプロ系)です。


☆土曜日のレースではディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が1着と3着でした。
※ジャパンカップの出走馬ではサトノダイヤモンドがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。


先週のマイルチャンピオンシップは予告の10万円勝負で64万4000円の払い戻し!
先週は土日で2戦2勝となり、1週間で110万円獲得となりました。
今週のジャパンカップは昨年51万円獲得しており、今年のジャパンカップは10万円での勝負レースとなります。




◎は父ロードカナロア(ミスプロ系)×母父サンデーサイレンスの、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
レース後半のスピードが要求されやすい近年のジャパンカップに合っている血統。
京都内回りコースから広い東京コースに替わってレースはしやすくなりますし、状態も上がっている。
持続力レースになればオークスや秋華賞の経験が活きてきますし、瞬発力レースならもともと得意でさらに53kgという軽い斤量も効いてくる。


○キセキ
父ルーラーシップ(ミスプロ系)×母父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
毎日王冠、天皇賞と先行して直線入り口で加速するレースをして好走。
持続力に優れた血統なのでこのスタイルは合っているのだと思います。
春までは長めの距離を使われていた馬なので今回2400mに距離が延びることで、ここ2走よりも道中楽に先行出来る可能性もあり、そうなればさらに良い走りが出来るかもしれません


▲ウインテンダネス
カンパニー産駒(グレイソヴリン系)
前走のアルゼンチン共和国杯はスローで逃げることが出来たことは自体は悪くなかったが、ペースアップのタイミングが遅すぎて結果的にキレ負けすることになってしまった。
スタミナ色が強いレースになればパフォーマンスは上げてくるし、緑風Sのように後半の1200mを1分9秒台でまとめるようなスピードの持続力もある。
中盤以降のペースアップが上手くいけば面白いと思います。


△サトノダイヤモンド
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
前走の京都大賞典はスタミナ・スピードとこの馬にピッタリのバランスのレースだった。
あれよりもスタミナ寄りになっても、瞬発力寄りになってもベストからは少しズレてしまう。
今回は東京ということで瞬発力寄りになる可能性は高く、そうなればいくらかパフォーマンスは落としそう。
ただ、ウインテンダネスやキセキの動き次第では持続力レースになる可能性も残っており、そうなれば好走率は上がると思います。


△シュヴァルグラン
父ハーツクライ(サンデーサイレンス系)×母父Machiavellian(ミスプロ系)
昨年の勝ち馬。
その昨年は内枠+持続力レースでこの馬の持ち味を存分に発揮することが出来た。
今年は内枠ではないことと、かなりキレる脚を使う馬がいることから、昨年と同じ結果を求めるのは厳しいか。


△スワーヴリチャード
父ハーツクライ(サンデーサイレンス系)×母父Unbridled's Song(ミスプロ系)
前走はスタートで終わってしまった感もあったが、道中で位置を上げるポイントがなかったことも痛かった。
今回は距離が延びるし、動いて行くタイミングが出来るかもしれない、
能力はここでも上位。


△ミッキースワロー
トーセンホマレボシ産駒(サンデーサイレンス系)
父のトーセンホマレボシ(サンデーサイレンス系)は日本ダービー3着、その兄トーセンジョーダンはジャパンカップで2着と3着に好走。
この2頭のように前で競馬が出来れば面白いし、それが出来なくても流れに乗ることが出来ればこの枠ならチャンスは出てきそう。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○キセキ
▲ウインテンダネス
△サトノダイヤモンド
△シュヴァルグラン
△スワーヴリチャード
△ミッキースワロー
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複


『競馬学会』ジャパンカップで無料お試し可能!


宝塚記念3連単49万馬券を的中したことで注目を集め、

そこから的中を重ね、さらに注目を集めているサイトが『競馬学会』です。


その『競馬学会』

秋競馬に入っても勢いは衰えませんでした!

11月10日は74万円の払い戻しを記録しました!
競馬学会11月10日


『競馬学会』への登録は下のURLから無料で出来ます。
http://www.pxel.jp/
メールアドレスを入力するだけで簡単に登録できます。


これら結果を見てもらえば、『競馬学会』のすごさはわかっていただけるかもしれませんが、

さらに、『競馬学会』について説明させてください。


競馬学会の理念:実績と信頼でお客様との絆を結ぶ

競馬学会の馬券師:馬券師(予想のプロ)が血眼になり昼夜駆けずり回って得た情報を提供させていただきます。
お好きなプラン=好みの馬券を選ぶことが出来ます。

登録者から仲間へ:お客様一人一人から寄せられる厚い信頼による継続利用が原動力になります。
二度、三度と利用を重ねて頂くことで、継続して大きな当たりを引き続けていただきたいと考えております。


『競馬学会』はこのように、自分たちの情報に自信を持っています。

その真価は各馬券師の本気が詰まっている予想

有料予想で大きな的中を連発していることは『競馬学会』にとっては当然のこと。
自信と誇りがあるからこそ、無料情報でも手抜きはしません。だから、まずは無料予想で実力を知ってもらいたいのです。
そして、もっと凄い的中を望まれる方は有料予想へもご参加いただければと考えています。

今週は自信ありの【ジャパンカップ(G1)】厳選買い目を無料配信!

この機会に新サイト『競馬学会』の実力を試してみませんか!?
G1で無料お試し出来るなんて最高にお得ですよね!

『競馬学会』の【ジャパンカップ(G1)】無料予想ゲットはこちらから。
 ↓ ↓ ↓
競馬学会ジャパンカップ