5月11日(土)に行われる京王杯スプリングカップ2019の予想です。
京王杯スプリングカップ2019予想
京王杯SCの出走馬と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【京王杯SC】過去5年の傾向

ニジンスキーの血統を持つ馬がよく走っています。
2014年はニジンスキーの血統を持つ馬が1〜3着を独占。
2015年の勝ち馬サクラゴスペルは父の母父がニジンスキー系
2016年の勝ち馬サトノアラジンは母系にニジンスキーの血統を持っていました。
2017年は父の母父がニジンスキーのクラレントが11番人気2着に好走、3着のグランシルクも母系にニジンスキーの血統を持っていました。
2018年も1着馬と2着馬がこの血統を持っていました。
※今年の出走馬でニジンスキーの血統を持ってるのはストーミーシー・ダイメイフジ・トゥザクラウン・ブロワ。


☆昨年はフェアリーキング(ノーザンダンサー系)の血統を持つ馬が1着2着、デインヒル(ダンチヒ系)の血統を持つ馬が2着3着でした。


リファール系も良いですね。
クラレントは母父がリファール系ですし、サトノアラジンやサトノアレスなどの父であるディープインパクト(サンデーサイレンス系)自身の母父もリファール系です。


☆1400mという距離なのでストームバード系ヴァイスリージェント系などのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)も悪くないですね。


★東京芝1400mの傾向
京王杯スプリングカップ2019予想参考

ヴァイスリージェント系ダンチヒ系ストームバード系といったスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬がよく勝っています。
※京王杯SCの出走馬ではサトノアレス・リナーテなどがこれらの血統を持っています。


サンデーサイレンス系はスピードタイプ、スタミナタイプともに走っていますが、直近のレースで勝っていて1600mではありますがNHKマイルカップでも好走馬を出したハーツクライ(サンデーサイレンス系)には特に注目したいですね。
※京王杯SCの出走馬ではロジクライがハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)です。


ヘイロー系も健闘していますね。
※京王杯SCの出走馬ではブロワがヘイロー系です。


平均31万馬券【Vマイル】の3連複をプロが無料公開!



◎はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
追い切りは栗東CW 82.0-66.4-52.4-38.7-11.7 併せ遅れ
遅れはしましたがこれは相手の反応が良すぎて仕掛けのタイミングがズレたことも原因。
この馬自身の動きは悪くなかったです。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は過去5年で3頭が馬券圏内と京王杯スプリングカップでも注目の血統。
血統や母・兄弟の実績を考えても1400mは悪くないはずですし、東京も問題なし。
前走の阪急杯は仕掛けのタイミングが遅れたことで勝負に加わることはできませんでしたが、最後は猛追して5着まで来たように能力・適性ともにこの路線で通用するものを持っていると思います。


○タワーオブロンドン
父Raven's Pass(ミスプロ系)×母父Dalakhani(ネヴァーベンド系)
追い切りは美浦南W 66.6-51.6-38.1-12.3 併せ同入
相手を追いかける形で軽く仕掛けられるとしっかり加速して楽に追いつきました。
ミスプロ系にスタミナ型血統という配合は1400mで差す競馬がベスというタイプが多く、この馬もやはりそういうタイプかなと思います。
そのため1600m路線から1400mへの距離短縮は好材料だと見ました。
実際2歳の時には1400mで2戦2勝。
ハイペースのききょうS、スローからの瞬発力レースとなった京王杯2歳Sともに完勝という内容で、1400m適性の高さがわかります。
それでも母系の血統を考えると持続力レースの方が確実性は高いと思われるのでペースはしっかり流れてくれた方が力を発揮しやすいはずですし、このメンバーならそういう流れになる可能性は高いのではないかと思います。


▲ドーヴァー
アドマイヤムーン産駒(ミスプロ系)
追い切りは美浦南W 52.4-37.9-12.4 単走
クビはあまり使えていないですが脚捌きは軽快。
昨年の京王杯スプリングカップ勝ち馬ムーンクエイクと同じアドマイヤムーン産駒(ミスプロ系)
また、フォーティナイナー(ミスプロ系)の系統は2連勝中となっています。
アドマイヤムーン産駒(ミスプロ系)は脚を溜めると抜群のキレ味を発揮するのですが、その代償として位置取りが悪くなりすぎる馬が多い。
そのためどれだけ良い脚を使っても勝負に加わることは出来ないということがあるのですが、それに対してドーヴァーは末脚と位置取りのバランスが上手く取れているので、ちゃんと勝負に加わることが出来るということが良いですね。
近走で速いペースを経験していることからブロワやトゥザクラウンの作る流れにも対応出来ると思いますし、前が減速してくれるような展開になれば一気に飲み込むことも可能だと思います。


△サトノアレス
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは美浦坂路 52.1-38.5-25.2-12.8 併せ遅れ
昨年は3着。
東京では安定して走ることが出来ますし、母系はスピードの持続力に優れた血統なのでしっかり流れてくれそうな今回は展開も向きそう。


△リナーテ
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 51.7-37.4-24.2-12.2 単走
1600mのターコイズSは上手く運んで手応えも良かった割りに伸びず。
1400mの京都牝馬Sで2着とすぐに巻き返してきたように距離は1400mがベストですし、この距離ならここでも勝ち負け出来る力があると思います。


△キャナルストリート
マンハッタンカフェ産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは美浦南W 54.4-38.9-12.9 併せ先着
今回と同じ東京の1400mで2連勝中。
その前の国立特別では2着とはいえ敗れているので、タフな流れになって少しだけ不安は出てくるものの、コース適性と充実度の高さで好勝負になるはず。


△スマートオーディン
ダノンシャンティ産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 53.2-39.2-24.8-12.0 併せ先着
阪急杯では最後方からきれいに突き抜けました。
1400mとワンペースの流れへの適性の高さは間違いないところだと思います。
今回直線の長い東京ということで阪急杯のように思い切って仕掛けていけるかがポイントで不安点でもある。


△ロジクライ
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 51.7-37.4-24.0-11.9 単走
得意の東京へ替わることは良いですし、富士Sの内容などから高速決着への対応も出来ると思います。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○タワーオブロンドン
▲ドーヴァー
△サトノアレス
△リナーテ
△キャナルストリート
△スマートオーディン
△ロジクライ
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複


J.H.Aは降格制度があるので馬券師は毎回必死!つまり本気の予想をしています。
今週は注目の『ヴィクトリアマイル』と土曜日の『京王杯スプリングカップ』でJ.H.Aの実力を無料で試すことができます!

J.H.Aに所属するのは
今現在の実力を重視して選ばれた馬券師たちとなっています。

およそ二か月に及ぶ試験をクリアした実力者だけが
J.H.Aの馬券師になれるのです。

昇格後も成績次第では、J.H.Aから除名するという
馬券師にとっては毎週、毎レースが試験の真剣勝負となっています。

今週の指定レースは『ヴィクトリアマイル』と土曜日の『京王杯スプリングカップ』
ヴィクトリアマイルはこれまでの大波乱もある馬券的にも注目のレースですし、
土曜日の京王杯スプリングカップでまず的中すれば余裕を持って日曜日のG1を楽しめますね。
  ↓  ↓  ↓  ↓
JHAヴィクトリアマイル
メールアドレスを入力するだけで無料登録することが出来ます。


精鋭揃いのJ.H.A馬券師達の中でも先週好調だったのがこちらの面々
同じ日に帯封超えの馬券師が2人もいるというのは凄いですよね。
JHA5月4日的中

さらに注目してもらいたいのは
J.H.Aの馬券師達は3連単なのに買い目がとても少ないということ!

ここまで買い目を絞れるということは実力と自信があるからですし、
参考にする方も助かりますよね!


降格制度があるから馬券師は毎回本気、実力があるから買い目は少点数。
これってユーザーにとっては最高ですよね!?



注目の集まるG1シーズンで勝つことが馬券師自身の実力の証明、そして生き残りにつながるのです!
馬券師たちのこのレースへの本気度、そして意気込みは。。。
最後まで言わなくてもわかりますよね!?

実力のあるプロが本気の予想を披露してくれる
しかも1度登録すれば重賞レースの買い目を毎週無料で公開してくれる

これだけお得なJ.H.Aに登録しない理由はないと思います

J.H.Aに興味を持たれた方はこちらから無料登録してみてください。
⇒JHAへの無料登録はこちらから
JHAヴィクトリアマイル

登録に必要なのはメールアドレスだけ。
1度登録すれば重賞レースの買い目を毎週無料で公開してくれます