4月14日(日)に行われる皐月賞2019の予想です。
皐月賞2019予想
皐月賞の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【皐月賞】過去5年の傾向

☆基本的にはスピードの持続力が重要になりやすいレースです。
スピードとパワー、ある程度のスタミナが必要になります。


キングカメハメハ(ミスプロ系)の系統がよく走っています。
トニービン(グレイソヴリン系)の血統をあわせ持っている馬が多くなっています。
※今年の出走馬で父か母父がキングカメハメハ(ミスプロ系)の系統なのはクラージュゲリエ・サートゥルナーリア・タガノディアマンテ・ファンタジスト。
タガノディアマンテはトニービン(グレイソヴリン系)の血統もあわせ持っています。


ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)も活躍しています。
その中で1着になっているアルアインとディーマジェスティはボールドルーラーの血統をあわせ持つパワー持続力タイプになっています。
※今年の出走馬ではサトノルークス・ダノンキングリー・メイショウテンゲンがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)で、3頭ともボールドルーラーの血統も持っています。


ストームバード系ヴァイスリージェント系ダンチヒ系などのスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬もよく走っています。


☆パワーのあるロベルト系も良いですね。


☆前走上がり上位の脚を使って好走していた、能力が高く状態も良い馬が中心になっています。


★中山芝2000mの傾向
皐月賞2019予想参考中山芝2000m

☆土曜日のレースでは父ノーザンダンサー系(大系統)が1着2着でした。
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)は好調ですね。
※皐月賞の出走馬ではニシノデイジーがハービンジャー産駒(ダンチヒ系)です。


ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が4勝でトップ。
トーセンラー産駒(サンデーサイレンス系)ダノンバラード産駒(サンデーサイレンス系)といったディープインパクト(サンデーサイレンス系)の孫世代も走っていますね。
※皐月賞の出走馬ではサトノルークス・ダノンキングリー・メイショウテンゲンがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
ダディーズマインド・ナイママ・ファンタジスト・ラストドラフトがディープインパクト(サンデーサイレンス系)の孫となります。


ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)はまだ1勝ですが2着3回3着2回と悪くないですね。
先週から3レース連続好走中ですし、注目したい血統です。
※皐月賞の出走馬ではシュヴァルツリーゼがハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
アドマイヤジャスタ・ヴェロックスもハーツクライ(サンデーサイレンス系)の系統です。


ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統や、ヴィクトワールピサ産駒(サンデーサイレンス系)マンハッタンカフェ産駒(サンデーサイレンス系)といった機動力や持続力タイプもよく走っています。
※皐月賞の出走馬ではブレイキングドーンがヴィクトワールピサ産駒(サンデーサイレンス系)
ランスオブプラーナの母父がマンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)の系統です。


こちらの記事もオススメ
ツイッターではブログの更新情報や開催当日の狙い馬などを配信。



◎は父ロードカナロア(ミスプロ系)×母父スペシャルウィーク(サンデーサイレンス系)のサートゥルナーリア。
追い切りは栗東CW 87.5-69.6-54.4-39.5-12.0 併せ先着
近年の皐月賞はウッドコース・併せ馬で追いきっている馬の好走が多く、この馬もそのパターンで追い切ってきました。
何より併せ馬の相手がシャケトラで、手応えに余裕を持ったまま先着したということは心強いですし、この馬が只者ではないことを表していると思います。
兄のエピファネイア・リオンディーズともに燃えやすい気性の馬で、サートゥルナーリアもそういう面は持っているのかもしれませんが、これまでのレースでは馬群で前に馬を置いたレースをしてきたこともあり上手く我慢できています。
今回はダービーのことも見据えて最初から出していくという競馬はしないでしょうから、これまでよりは後ろの位置から差す競馬になる可能性があるのですが、アドマイヤマーズがある程度出していきそうということと先行馬がそれなりにいるということ、皐月賞の時間は南風の予報(向こう正面向かい風で直線追い風)があることから、外差しが決まりやすい状況になる可能性は高いはず。
そうなればダービーを見据えたレース運びが今回の状況に上手く噛み合いますし、もちろんいつも通りの好位からの競馬でも能力の高さでしっかりまとめてくると思います。


○はハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
追い切りは美浦南W 53.3-38.4-12.8 併せ同入
3頭併せの真ん中で少し頭を上げる場面もありましたが、手応えは楽なまま。
前走の弥生賞はスタートで遅れて後方から。外を回って最後は2着まで追い込んできました。
新馬戦のスタートではしっかり出ているのでスタートに関してはどうなるかはわかりませんが、弥生賞で外に膨れたことを考えると、他馬に迷惑をかけないようにという心理もあるでしょうから今回も外を回ってくる可能性の方が高いと思います。
このハンデが前残りの皐月賞であれば大きなロスになるのですが、外差しが決まる状況なら味方に出来るものに一気に変わる。
本命馬の項でも書いたように今年の皐月賞は外差しの出番もあると考えているので、狙ってみたい1頭です。


▲メイショウテンゲン
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東CW 82.7-67.1-53.1-39.3-12.5 併せ先着
ピリッとした動きではなく先着はしたものの相手に花を持たせてもらった感じはある。
ただ、弥生賞の時も同じような感じの動きでしたし、今はこういうタイプなのだと思います。
その前走の弥生賞は道悪で序盤から行きっぷりが良く、母父フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)×母母父Sadler's Wellsという血統から来る道悪巧者ぶりを発揮。
もちろん今回も雨が降ってくれればプラスになるとは思いますが、皐月賞までに雨が降るかどうかは微妙。
ただ、もともと良い末脚は持っている馬。もたもたしたところがあるので一瞬の反応で遅れてしまうことはありますが、直線追い風・外差しという状況の助けがあればその問題も軽減されてまた良い脚を使える可能性はあると思います。


△アドマイヤジャスタ
ジャスタウェイ産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 52.6-39.1-25.9-13.0 併せ先着
重馬場の坂路でしたが、追いだしてからの反応もありましたし悪くない追い切りでした。
ホープフルSではスタートから出していって位置を取りましたが、前走のすみれSではそういう感じはなく後ろから。上がりが速くなってサトノルークスを捕らえることができずに2着止まりだったのですが、同じような競馬で外差し有利の状況になれば逆転出来ると思いますし、ここでも勝負圏内に入ってくるはず。


△サトノルークス
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東CW 52.1-38.7-12.2 併せ先着
ある程度前での競馬が多くなっていますが、母系はスピードのある血統ではないので差す競馬をした方がフィットするのではないかと思います。
内枠も先行するなら良いですが本質はそういうタイプではないと思うので微妙なところですし、差す競馬になっても外に上手く出せるかどうか。
それでも高い能力を持っていることは間違いなく、位置取りにこだわらず馬のペースに合わせての競馬で上手く外に出すことが出来れば、と注文は付きますが好走は可能だと見ました。


△アドマイヤマーズ
ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 53.4-38.9-25.8-12.9 単走
最後まで余裕のある手応えで走ることが出来ていました。
先行馬では最上位評価。
今回差し馬優勢の予想にはなりましたが、この馬はまず能力が高い。
そして、前走の共同通信杯は苦手の瞬発力レースになってしまっての敗戦で、今回そういう流れにはなりにくいことから巻き返しの可能性は十分にある。
ただ、序盤からガンガン行くとさすがに最後は厳しくなると思うので、序盤は無理せず先団から進めてその分だけ仕掛けを早めるという競馬の方が良いかなと思います。


△ヴェロックス
ジャスタウェイ産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東芝 87.5-70.9-54.4-38.0-11.7 併せ先着
レース後半のスピード持続力はここに入ってもトップクラス。
ただ、速いペースの経験がないことと、それについて行ったときに踏ん張れないタイプかもしれないことが不安点。
序盤で無理せずそれでいて前を射程圏内に入れながらというレース展開になれば好走は可能。


△ダノンキングリー
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは美浦南P 64.5-50.6-37.2-11.6 単走
前走の共同通信杯はスローの瞬発力レースでアドマイヤマーズを差し切り勝ち。
ただ、ひいらぎ賞の勝ちっぷりから本質はスピード持続力に優れたマイラーなのかなと思います。
皐月賞はマイラーも好走出来るレースなので距離は問題ないと思いますが、内枠を捌くのは少し苦労しそうですし、クラシックだと激流になってもスローでももうひと伸び足りなくなるタイプという印象もあり評価はこの辺りにしました。


【予想印】
◎サートゥルナーリア
最強競馬ブログランキングで公開中です。
▲メイショウテンゲン
△アドマイヤジャスタ
△サトノルークス
△アドマイヤマーズ
△ヴェロックス
△ダノンキングリー
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複


3月30,31日も10鞍配信されて、9鞍で3連単的中!

人気薄もここから選べば頭数絞り込める!それが『競馬大陸』の利益直結馬



『競馬大陸』は大阪杯もダービー卿も連続的中でしたね。

しかも大阪杯では93万円の払い戻し!やっぱすごいわ『競馬大陸』
競馬大陸大阪杯的中

でももっと点数絞り込みたい!頭数が多い=的が多く絞れない
そこで登場の””直結のヤブサメ””



1レースあたり5〜6頭まで絞られます。利益直結馬の7〜9頭が、直結のヤブサメによって5〜6頭に絞られ、そしてその5〜6頭の中から、上位3頭を押さえる見込み・確率が高いレースを自動で選定し、自動で利益直結に最適な、3連単、もしくは3連複の買い目が生成されます。(点数は10〜36点です)このロジックの精度は、3連単的中率45%、3連複的中率65%という高い精度を誇るので、あとはこの通りにあなたが馬券を買えば、カンタンに高配当の利益直結を実現することが出来ます!

イメージはこんな感じです。




このように頭数絞り込みができるようになるのは凄く助かります。
無料メルマガ会員になると詳しく見れます。
はじめての方はまず毎週重賞、メイン含めた後半レース方面で10鞍出てくるのでこの無料予想をチェックしてみてください。 その後直結のヤブサメは要チェックです。
⇒(土夕方配信)皐月賞含めた5鞍(無料)

ログイン後まずは利益直結馬へ(無料)