スパーキングレディーカップ2017予想7月6日(木)に行われるスパーキングレディーカップ2017の予想です。
スパーキングレディーカップの過去3年の1〜3着馬の血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。
【スパーキングレディーカップ2017】出走表はこちらです。

スパーキングレディーカップの傾向(表):☆ミスプロ系率が高くなっています。

☆スピードのあるノーザンダンサー系(大系統)など、スピードのある血統が重要になっています。

☆パワー型ターントゥ(大系統)もまずまず。

ブラッシンググルーム系にも要注目ですね。


『スパーキングレディーカップ』でこのサイトをオススメするには、ちゃんと理由がある。
   ↓    ↓    ↓    ↓ 
クロニクル


◎はホワイトフーガ。
昨年も58kgで勝利。
スピード優勢の傾向があるレースなので、父クロフネ(ヴァイスリージェント系)×母父フジキセキ(サンデーサイレンス系)というスピード寄りの血統はプラス。
また、近走は積極的に動くようになっており、地力の高さ・斤量・血統的なスピードを考えれば、これも心強いところ。


○タイニーダンサー。
昨年の3着馬。
サウスヴィグラス産駒(ミスプロ系)でスピードは十分。
ぱっと見、血統的には1200mかなと感じるような馬が好走しているレースなので、こういうタイプは積極的に狙っていきたいですね。


▲プリンセスバリュー。
こちらも同じくサウスヴィグラス産駒
スピードを活かすレース運びが出来れば面白いと思います。


△サクラフローラ。
キングヘイロー産駒(リファール系)でスピードに勝ったタイプ。
先行力は確実ですし、それにプラスして気分良く走ることが出来ればこの系統は怖さ倍増。

△ララベル。
母父がミスプロ系で先行力あり。
前走マリーンカップ2着と能力もある。

△アンジュデジール。
母父がヴァイスリージェント系
2100mからの距離短縮になりますが、1200m・1400mなどでも走っている馬ですし、1600mでの勝利もある。
52kgも魅力ですね。


【予想印】
◎ホワイトフーガ
○タイニーダンサー
▲プリンセスバリュー
△サクラフローラ
△ララベル
△アンジュデジール


『スパーキングレディーカップ』『クロニクル』をオススメする理由


それは
いつも、南関競馬をやっているから。

ビッグレースの時だけ南関競馬に手を出すサイトではありません。

いつも南関競馬をやっているからこそ
実力が違います。

『クロニクル』では10万3000回に及ぶ
データの演算を繰り返し、条件ごとの基盤を確立したらしい・・・。
10万回ってすごいですね^^;

僕もユーザーの声を見て、みんなたくさん儲かったって言ってるし、
本当にそんなに当たるのかな?と思って半信半疑な気持ちで初めてみました。

だけどこれがほんと当たるんですよね!

ユーザーの声の人たちもほんの一握りのたまたま当たった人だと思っていたけど
そんなことはなかったです。
的中率が半端じゃないのでやればやるほど儲かるという具合。


基盤となるデータと、新鮮な現地情報
そして南関競馬での経験と実績を組み合わせたとき
そこに勝利が生まれ、それを続けることで常勝となるんでしょうね。

『スパーキングレディーカップ』も期待できそうです!

僕は、まずはここから無料登録して試してみましたよ^^
  ↓   ↓   ↓   ↓
クロニクル