スプリングステークス2016予想参考スプリングステークス2016が行われる中山芝1800mの1〜3着馬の血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
中山芝1800mの傾向を分析することでスプリングステークスの注目馬を探します。
★関連記事:スプリングS出走予定馬の血統 プレ予想
血統色分け表:スプリングS2016登録馬(表)


☆中山記念と中山牝馬Sの重賞レースは、どちらもキングマンボ系(ミスプロ系)サンデーサイレンス系の血統をあわせ持つ馬が勝っている。

ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は2勝2着2回3着1回。

母父アグネスタキオン(サンデーサイレンス系)がよく走っている。

ロベルト系ロージズインメイ産駒(ヘイロー系)などパワーのあるターントゥ系(大系統)も良さそう。

人気ブログランキングへ


━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■スプリングS(G2)■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
スプリングSを3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

七騎の会:スプリングS300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━

皐月賞トライアルとして中山1800mで行われるスプリングSは、過去の勝ち馬からキタサンブラック、ロゴタイプ、オルフェーヴル、アンライバルド、メイショウサムソンなどクラシック、特に皐月賞へ直結するレースとして注目を集める。このようにクラシックを見据えた軸馬選びが鍵となり、ヒントは社台軍団の使い分けにあると言ってもいい。

社台軍団は、賞金をすでに稼いでいる皐月賞直行組と、まだ出走権利の持たないトライアル組を分けている部分がある。同じ馬主または生産者であれば当然の戦略であり、近年のクラシックに社台軍団の馬が多数出走⇒上位独占を繰り広げていることにも納得がいく。今年の弥生賞は社台系のリオンディーズ、エアスピネルと朝日杯FS上位2頭が出走。さらに新勢力マカヒキが出走する事で、関係者の中には「3つの席を奪い合うならスプリングSの方が可能性高いよね」と、スプリングSに流れた馬や、別のレースを選ぶ馬がいたことは事実だ。

しかし中には「この馬はスプリングSから皐月賞へという青写真を描いている」と早い段階から順調に調整できている馬や、「この馬は同じクラブ所属馬との完全な使い分けだよね。どこにだしても勝負になるけどここなら確実」と注目されている馬もいる。さらに「中山1800mは特殊なコースだから器用さがあるこの馬なら他より有利」という穴馬の存在も注意が必要だ。

このように騎手、調教師、馬主、生産の関係者とも太いパイプを持つ競馬セブンは、人の思惑が結果に影響する”春のトライアルシーズン”は滅法得意だ。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの買い目『馬連3点勝負』まで特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、当日14:00頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■スプリングS(G2)■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
スプリングSを3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

七騎の会:スプリングS490_160