5月12日(日)に行われるヴィクトリアマイル2019の予想です。
ヴィクトリアマイル2019予想
ヴィクトリアマイルの出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【ヴィクトリアマイル】過去5年の傾向

☆2015・2016年はストレイトガールが、2013・2014年はヴィルシーナが連覇。
2017年と2018年にはジュールポレールが連続好走したように、過去に好走した馬が再度好走することの多いレースです。
※今年の出走馬で過去に好走歴があるのはデンコウアンジュ


☆道悪で行われた2017年と2018年はスタミナ色が強くなり、末脚の重要度が高いレースになりました。
血統的にはスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)やスタミナ型ナスルーラ系(大系統)を持つ馬の活躍が目立ちました。


☆良馬場ではスピード色が強め。
スピードのあるノーザンダンサー系(大系統)ボールドルーラー系を持つ馬がよく走っています。


ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は毎年のように馬券圏内に来ており、やはり注意が必要です。
※今年の出走馬ではカンタービレ・サウンドキアラ・サトノワルキューレ・プリモシーン・ミッキーチャーム・レッドオルガ・ワントゥワンがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。


★東京芝1600mの傾向
ヴィクトリアマイル2019予想参考東京芝1600m

☆父か母父がミスプロ系という馬が4連勝中。
中心はキングマンボ系(ミスプロ系)です。
※ヴィクトリアマイルの出走馬ではレッツゴードンキがキングマンボ系(ミスプロ系)です。


ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が2勝。
ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)は先週のNHKマイルカップも勝っています。
※ヴィクトリアマイルの出走馬ではアマルフィコーストがダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)です。


PR.【1点馬券無料】ヴィクトリアMの本命馬×激走穴馬で狙い撃つ!



◎はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
追い切りは美浦南W 52.6-38.0-12.4 併せ先着
仕掛けてからの反応が素晴らしく、迫力もある良い動きの追い切りでした。
母父がスピードの持続力に優れたダンチヒ系
良馬場で行われるヴィクトリアマイルは速いペースで道中のスピードと直線でのひと伸びが要求されるレースになりやすい。
そうなれば3歳で古馬相手に勝った関屋記念のようにダンチヒ系のスピードと持続力、ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の瞬発力が活きてきます。
牝馬にしては大柄な馬ということもあり狭いところをスパッと抜けてくることは苦手なので、前と左右にスペースを確保しながらいつでも動けるように進めたい。
それが出来れば今回はチャンスありだと思います。


○レッドオルガ
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 54.7-38.9-24.9-12.4 単走
全姉のレッドアヴァンセは昨年の3着馬。
半兄のクラレントは安田記念3着と、東京芝1600mのG1に強い血統です。
レッドオルガ自身も2走前の東京新聞杯では牡馬相手に差のない2着。
やはり東京芝1600mへの適性と能力の高さ、そして早いタイムへの対応力を示しました。
今回は内枠が少し気になるものの東京新聞杯でも狭いところを抜けてくることが出来ましたし、両隣のアマルフィコーストとクロコスミアが前に行って、その外のノームコアが今回もスタートいまいちなら意外にすんなり良いスペースに収るかもしれません。


▲ワントゥワン
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東P 66.8-51.44-37.3-11.9 併せ遅れ
近走は不振ですが、昨年は関屋記念→京成杯AH→富士Sとマイル重賞で3連続2着に好走。
この3戦は時計が早めのレースで、関屋記念は勝ち馬プリモシーンとタイム差なしの1.31.6で走っています。
今回は久々に早いタイムで決着するマイル戦になる可能性のある舞台で、激走への期待がかかります。


△ミエノサクシード
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東CW 86.1-68.6-52.7-38.0-12.3 単走
持ち時計もなくステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)となるとスピードレースになった時への不安を感じますが、母はA.P. Indy(ボールドルーラー系)×デインヒル(ダンチヒ系)という配合で、ここはスピード面でも不安がなく速いペースをワンペースで一歩一歩差を詰めてくる走りが出来る血統だと思います。
阪神牝馬Sではジワッと動いていって速い上がりにも対応したように今は充実期という感じですし、ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)の充実期となると一発の可能性も考えられます。


△ノームコア
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)
追い切りは美浦南W 54.7-39.7-12.4 併せ先着
手応え抜群で先着という追い切り内容。
こちらもハービンジャー産駒(ダンチヒ系)だと考えるとマイルのスピードレースは合いそうにないですが、母父がクロフネ(ヴァイスリージェント系)と考えると対応してくる可能性も十分にある。
スタートが遅くなっていることと内枠は課題ですが、ここを上手くクリアすれば面白いと思います。


△ラッキーライラック
オルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)
栗東坂路 50.7-37.1-24.3-12.3 併せ先着
併せ馬で大きく先着。迫力のある動きでした。
前走の阪神牝馬Sはちぐはぐな競馬。
血統面からの不安要素でもあるあてにならない面も見せ始めているので信頼は出来ないが、ポテンシャルの高さはやはりトップクラス。
母系もスピードの持続力に優れた血統でスピードレースになっても対応してくる可能性はあります。


△ミッキーチャーム
△アエロリット
前に行きそうな馬からはこの2頭。
ミッキーチャームは父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父ダンチヒ系でスピードの持続力があり血統は良いが輸送など気性面に課題あり。
アエロリットはクロフネ産駒(ヴァイスリージェント系)で、2017年NHKマイルカップ1着、2018年安田記念2着など東京マイルでのスピードレースには滅法強い。ただ、前走アメリカのペガサスワールドカップターフでの負け方はさすがに気になりますし、海外遠征帰り初戦でどこまでの調子なのかは半信半疑なところ。
それでも2頭とも能力と適性は高いので、それぞれの課題をクリアして持ち味を発揮出来れば一気に有力候補。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○レッドオルガ
▲ワントゥワン
△ミエノサクシード
△ノームコア
△ラッキーライラック
△ミッキーチャーム
△アエロリット
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複


PR.『TAZUNA(たづな)』への登録は今がベストだと思います

なぜ今『TAZUNA(たづな)』というサイトに登録するとお得なのか?

それはよく当たっているから

これ以上に説得力のある理由ってないですよね(笑)

春競馬はこのサイトを利用することが近道になるかもしれません。

先週の日曜日だけでもこれだけの的中を届けています。
TAZUNA5月5日的中
しかも東京9Rの湘南ステークスの買い目は3連単でたったの8点ですからね!
予想に自信があるからこその買い目の少なさだと思います。


ここでもう一度、
今『TAZUNA(たづな)』に登録した方が良さそうと思う理由。。。

それは
それはよく当たっているから

これ以上に重要なことってないですよね!?
話題になるのも当然と言えば当然です。

今無料登録をすれば、今週のヴィクトリアマイルの情報はもちろん
毎週予想レースを無料で配信してくれます。


無料登録に必要なのはメールアドレスのみ。

今週から『TAZUNA(たづな)』の実力を体験したい方はこちらからサイトに行って無料登録をしてみてください。
⇒『TAZUNA(たづな)』への無料会員登録はこちらから

TAZUNAヴィクトリアマイル